古賀市周辺 ハヤ釣り

みなさん、おつかれさまです。

古賀市周辺でハヤ釣りをしています。

ハヤってどんな魚?

ハヤ(鮠, 鯈, 芳養)は、日本産のコイ科淡水魚のうち、中型で細長い体型をもつものの総称である。ハエハヨとも呼ばれる。

釣り用語や各地での方言呼称に用いられ、標準和名に「ハヤ」が組みこまれた種もある。呼称は動きが速いことに由来するという説がある。主な魚としては以下のようなものがいる。

オイカワの若魚

 静岡県産ヌマムツ(カワムツA型)。婚姻色が出たオス

 婚姻色が残るウグイ
アブラハヤ

 どうやって釣るの?

まず、準備する道具の説明から~

ハヤ釣りを行なう際は、ハヤにこちらの姿を見せたり、気配に気づかれてはいけません。川岸に立つことはNGとなります。なので、川岸から1mほど離れた位置からハヤのいるところまで届くような4m前後の竿が必要になってきます。また、仕掛けを投げてハヤのいるポイントに落とすような釣り方をすると、着水時の音でハヤが逃げてしまいますので、バスロッドのようなリールを付ける短い投げ竿はお勧めしません。

高級な竿を使う必要はありません、手元に使いやすいものがあればそれでかまいませんし、無ければ安い渓流竿でも十分です。

 

次に、仕掛けですが~非常にシンプルです。

上のイメージ図のような感じです。

竿に道糸(何でもOK)を竿の長さから1mほど短いくらいに付けます。道糸と仕掛けの間にはオモリをつけて、仕掛けはワカサギの1.5号などの川魚でもつれるような針の小さなものを使用しています。コレなんかオススメです↓

そして釣りの方法ですが、ハヤ釣りに限らず、川魚は非常に警戒心が強いため、同じ場所で2~3匹釣ると魚は周りを警戒して餌を食べなくなります(釣れなくなる)。なので、1箇所で長時間釣りを行なうのではなく、2~3匹釣ったら、川を少しのぼって新しいポイントで釣る。また釣れなくなったら新しいポイントへ移動するを繰り返すような形になります。

時期はいつごろ?

基本的に、一年中釣れる魚ではありますが、特によく釣れる時期としては春先から秋口といった暖かい~暑い時期になります。

春先は、まだ警戒心が弱く好奇心の強い稚魚(サイズの小さなハヤ)が良くつれます。初心者の方にはオススメの時期です。

初夏からお盆までの暑い時期になると、稚魚が大きくなりなかなか食べ応えのあるサイズになります。

そして、涼しくなる秋の訪れには、手のひらサイズはもちろん25cm~の大物も現れます。ただ、サイズが大きくなるにつれ、警戒心も強くなりますので、気配を消してこっそり釣るというテクニックが必要になってきます。

古賀市周辺のポイントは?

ハヤは川の上流から中流にかけて生息しています。あまり上流過ぎるところだと餌が少ないようでサイズが小さく、反対に中流に寄るとサイズは大きくなる反面、川の水質が悪くなり食用には向かなくなります。河川のまわりには工場や畑が多いため、なかなか良いポイントというのは限られてきます。水質に関しては多少の妥協が必要となってきますが、あまりにも汚い環境での釣りをするのは控えたほうが良いでしょう。

大根川・・・福岡県古賀市薦野の西山(鮎坂山)に源を発し西に流れる。古賀市花鶴丘で支流の谷山川と合流すると花鶴川と名を変え、古賀市古賀より玄界灘に注ぐ。二級河川で河口付近まで行くと船の出入りもできるほどの川幅があります。ハヤ釣りをするポイントは清滝付近が良いでしょう。こちらは川幅も多少あり、紹介したポイントでは10cm~20cmほどのサイズが見込めます。川沿いの草むらに隠れて竿を出す基本的なつり方ができるため、初心者の方にもおすすめです。古賀市にある天降神社周辺がオススメです。

西郷川・・・福津市の水光会病院や西郷川花園沿いの河川。川幅は大きく中流付近は釣り易いのですが、水質が余りよくないため、畦町付近まで上ることをオススメします。こちらは大根川ほど数はいませんが、サイズが一回り大きいです。やわらかい竿を使えばかなり楽しめます。福津市畦町にある「とり正」付近から上流がオススメです。

 

ハヤを使った料理は?

からあげ・・・川魚であるハヤは独特の香りがあるため、しっかりと下処理をしましょう。一番にハヤを食べるにはから揚げが一番です。おかずにお酒の肴にとてもオススメです。

 

南蛮漬け・・・から揚げを作りすぎてしまった,から揚げにしたもののハヤのサイズが大きく骨ごと食べられないときなどには南蛮漬けにしましょう。こちらも非常に美味しいです。鷹のツメをやや多めにしたピリ辛風味がオススメです。

あとがき

今回の記事は古賀市周辺のハヤ釣りについてまとめました。

魚を探す,見つける,釣る,料理する,食べると、人間古来の狩猟本能をくすぐり、日常では感じられない自然を相手に行なうレジャーでもあります。大切な自然汚さないよう、ゴミが出たら持ち帰る、釣り糸などは捨てない、釣った魚は責任を持って食べるといった当たり前のマナーを守って、たのしいハヤ釣りをされてください。また、近所の民家や畑,田んぼなどに迷惑のかからないようにしましょう。

時期により川沿いは草で覆われ、そこには毒虫や蛇が潜んでいる可能性も十分にあります。長袖長ズボンに可能であれば長靴も準備しましょう。せっかくの釣りで薮蚊や蛇にかまれたのでは、お話になりません。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。この記事が皆様の時間つぶしはもちろん、つりの参考にでもなれば幸いです。