危険物 甲種 受験資格 過去問 難易度  オススメ参考書・テキスト など

みなさんお疲れ様です。

このたび、危険物の甲種に合格しました。

私なりに、甲種合格までのまとめを致します。

受験資格

まず、甲種は乙種と違い受験資格があります。

ここは一般財団法人 消防試験研究センターより抜粋です。

  • 大学等卒」大学等(大学短期大学高等専門学校又は専修学校、大学、短期大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校の専攻科、外国における大学等、防衛大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、国立工業教員養成所、その他)において化学に関する学科等を卒業した者
  • 15単位」大学等(大学、短期大学、高等専門学校、大学院又は専修学校、大学、短期大学又は高等専門学校の専攻科、防衛大学校、防衛医科大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、水産大学校、海上保安大学校、気象大学校、外国における大学等、その他)において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者
  • 実務2年」乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱の実務経験が2年以上の者
  • 4種類」以下の4種類以上の乙種危険物取扱者免状の交付を受けた者
    1. 第1類又は第6類(酸化性固体又は酸化性液体)
    2. 第2類又は第4類(可燃性固体又は引火性液体)
    3. 第3類(自然発火性物質及び禁水性物質)
    4. 第5類(自己反応性物質)
  • 学位修士博士学位を授与された者で化学の事項を専攻した者(外国の同学位も含む)。
  • 上記に準ずる者として消防庁長官が定める者(専門学校卒業程度検定試験に合格した者であって、化学に関する学科又は化学に関する授業科目を15単位以上含む学科について合格した者)

 

私の場合は、乙3~6を取得して受験資格を得ました。

難易度について

いろんなサイトで難易度が書かれていますが、あくまで私の主観です。

対策(テキスト・参考書)選びによって大きく難易度が変化します。私のオススメの参考書は「公論出版 甲種危険物取扱試験」です。

危険物のテキストはたくさんありますが、これ一択です。なぜならば、こちらの参考書は今までに出題された過去問が数多く収録されており、過去問に勝るものは無いかと思います。

他にも数多くのテキストがありますが、実際に出題された問題を数多く解き慣れることが大事です。この参考書からそのまま出題されることもめずらしくありません。

しかしながら、この参考書はかなり分厚く、全てをマスターするのはかなり大変かと思います。

学習時間ですが、自信が無い様なら試験2ヶ月前(試験申し込み期間あたり)から毎日1時間30分くらい勉強できればと思います。

私の場合は、会社の昼休みに30分ほど「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」を月曜は乙1類、火曜は乙2類~と言う風に一週間でまわしていました。

法令は月曜~水曜、物理化学は木曜~日曜に毎日1時間勉強していました。仕事の繁忙期も重なり、勉強できない日もありましたが、基本はこのスケジュールで進めていました。

特に物理化学は、多くの受験者を苦しめる難問です。学生の方や、仕事でなれている方はともかく、ここの分野の勉強に力を注いでください。