お風呂 カビ 掃除 カビトルデスを使ってみた

みなさん、お疲れ様です。

今回は、カビトルデスPROを使って、お風呂掃除をしてみました。

浴室のタイルの目地のがんこなカビ汚れ

お風呂の窓サッシ周りのパッキンに染み込んだカビ

これは、なかなか取れない汚れです!

ハウスクリーニングで浴室クリーニングをするときに
タイルの目地やパッキンに染み込んだカビ取りには、いつも苦労しています。

漂白剤を塗りこんでは流し、塗り込んでは流しを繰り返しています。
それでも長年の染み込んだカビは残ってしまうことが、プロの掃除屋でもよくあります。

お風呂の目地 カビ

カビトルデスPROでお風呂のカビを取る方法

1,バスクリーナーでおおまかに汚れを掃除する

お風呂は様々な種類の汚れが重なりあっています。
それで石鹸カスや湯垢をアルカリ洗剤で掃除しておきましょう。

マイバスクリーナー

そうしないとカビの上についている汚れが、カビ取りの邪魔をしてしまいます。

2,水分をしっかり拭き取る

ガビ汚れ周辺の水分をしっかり拭き取りましょう。
乾いたウエスでしっかり拭き取ると、カビ取り剤が薄まらずにカビにダイレクトに効きます。

3,カビトルデスPROをカビを包み込むように塗布する

赤いジェル状の洗剤が出てきます。

薄く伸ばしすぎないように、カビを包み込むようにたっぷり塗り込みます。
お風呂の目地やパッキンにていねいに塗っていきます。

4,1時間つけ置きする

じっと我慢して1時間そのまま放置します。

5,歯ブラシでブラッシングする

これが大切なポイントです。

すぐに水で流さずに、洗剤を塗った箇所を古い歯ブラシでブラッシングしてあげましょう。歯ブラシの使い方は力を入れずに、毛先だけで擦ると威力を最大限発揮できます。

大変ですけど、すべてをていねいにブラッシングしましょう。

6,1時間つけ置きする

ブラッシングして、さらにつけ置きすると洗剤がカビの根っこに浸透していきます。

「まだ落ちないの?」

と思うかもしれませんが、つけ置き時間がカビをしっかり落とすポイントです。

7,歯ブラシでブラッシングしながら、水を流す

これでカビが落ちているか確認してみてください。

ガンコなカビが残っている場合は、2~7を繰り返します。
この掃除方法でほとんどのカビはスッキリ取れるでしょう!

お風呂の目地

プロが行なう「カビトルデスPRO」でお風呂の目地やパッキンのカビ取りをするコツは

つけ置き時間と歯ブラシのブラッシングです!

これさえ手を抜かずに根気よく繰り返せば、あなたもカビ取りに成功するでしょう。

ではカビトルデスPROを使って、どうしても取れなかった黒カビを退治してみませんか?